お知らせ

平成30年6月13日に公布された「食品衛生法等の一部を改正する法律」では、原則として全ての食品等事業者がHACCP(ハサップ)に沿った衛生管理に取り組むことが盛り込まれました(令和3年6月までは猶予期間)。

厚生労働省では、製造・加工、調理、販売等を行う全ての食品等事業者を対象として、HACCPによる衛生管理の制度化を進めており、食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理のための計画を策定することとしています。

このHACCPに沿った衛生管理について、小規模事業者及び一定の業種については、事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組む際の負担軽減を図るため、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」を実施することとなっております。

「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」への対応のための手引書として、この度、一般社団法人日本養蜂協会及び一般社団法人全国はちみつ公正取引協議会は「はちみつの瓶詰め等の製造におけるHACCP導入の手引書」を作成し、食品衛生管理に関する技術検討会での検討を経て、厚生労働省ホームページに掲載されましたのでご連絡いたします。

会員の皆様におかれましては、ミツバチの飼養管理から採蜜までは日蜂協で作成した「蜜蜂の採蜜・衛生管理台帳」を、はちみつの瓶詰め等から出荷までは「はちみつの瓶詰め等の製造におけるHACCP導入の手引書」を利用し、衛生管理等を実施いただきますようお願いいたします。

 

●インターネット掲載ページ

はちみつの瓶詰め等の製造におけるHACCP導入の手引書(厚生労働省HP) (Word版)

蜜蜂の採蜜・衛生管理台帳(日蜂協HP)

【参考】

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書(厚生労働省HP)

 

★HACCP(Hazard Analysis and Critical Control)とは

食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。

この手法は国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

(厚生労働省ホームページより抜粋)